Stray Kidsのウジンが脱退・契約解除…わけもウワサもない疑問だらけの脱退

Stray Kidsのウジンがチームを離れ、専属契約も解除することになったの事務所のJYPエンターが発表しました。
これで11月25日発売予定だったミニアルバム「Cle:LEVANTER」は12月9日に延期されたともしました。
ウジンがメインボーカルだから彼抜きではレコーディングを全部やり直すことになるから予定通りに発売できないみたいですね。


これで9人組だったStray Kidsは8人組になります。元々人数が多いチームだからそれはいいですけどメインボーカルがいなくなるのは困るのでしょうね。



脱退の理由は「個人的な都合」だとしかしなかったのでファンの疑問だけ膨らんでいます。アルバムのレコーディングまで終わってから急に契約を解除することなら何か大きい問題があるはずだとは予想できますけどウワサもあまりないです。昨日までも25日が誕生日だったメンバーがインスタにさえ写真一枚上げなく、何の知らせもないことを妙に感じたファンたちが今日になって脱退の問題があったとは知ることになったですけど、わけが分からないから惑乱されているみたいです。
11月23日の韓国公演を初めに来年にはワールドツアーも予定されており、普段の男性グループにはワールドツアーが最大収入先だからウジン本人が今の時点で脱退を望んではなかったとは予想できますけどね。健康の問題なら(先輩のTWICEミナちゃんみたいに)理由をはっきり説明しただろうし。
少なくともウワサでは女の問題だとはしますが、これもあまり根拠もないし完全に新人でもないのに普通の女性関係で契約解除まではしないはずだから…どうなったのかは知られないですね。

10月9日発表したStray Kidsの先行シングル「Double Knot」。ボーカルよりはラップが中心のチームではありますがメインボーカルの不在になるのは…困りますね。



3 Comments on “Stray Kidsのウジンが脱退・契約解除…わけもウワサもない疑問だらけの脱退”

  1. 個人的な意見です。
    前から、タイトル曲とそのMVでのウジンへの扱いに腹が立っていました。
    扱い方を分かりやすく言うと、「マンネみたい」です。
    メインボーカルという立場を与えられているにもかかわらず、曲やMVで全く分量(言葉合ってるでしょうか?)をもらえていなかったのです。
    本当のマンネであるI.N(ジョンイン)の方がたくさん分量をもらっています。
    そんな扱いをするならば、はじめから「サブボーカル」くらいの立場にしておくか、いっそのことデビューさせるべきではなかったとさえ、思います(その方がもっと若い時にデビューグループを探せたでしょう)。

    そんな中で、今回の脱退報道です。もしかして、ウジンもその扱いに納得できていなかったのではないかと思いました。

    1. そうでしたか…Stray Kidsの歌にはボーカルがあまりないなとは思いましたけど、そうまで分量(韓国でもちょうど同じ意味で使われます)の不公平があったとは知りませんでした。
      JYPエンターは所属芸能人をよく放してあげる事務所だから(研究生も離れたがるなら違約金なしで放してあげて、Wonder Girlsソネの結婚・出産も見守てあげたとか、その部分ではクールな事務所で有名ですね)ただ「ウジンがやりたくなくなったから」が脱退のわけだとしても話にならないものではないですね。特別なウワサがないのもそうですし。

  2. 一番のメインボーカルはハンだと思います。その上、彼はメインラッパーでもあるので、本当に分量が多いです。
    JYPの優しさはたしかにその通りですよね。事務所との関係悪化が退所の理由じゃないとすると、Stray Kidsは自主制作グループなので、グループ内での制作の段階の問題なのかな?と思いました。

    ※「分量」は韓国のみで使われている言葉です。日本では物の重さや数にしか使いません。
    日本には「分量」に代わる言葉が存在しないので、「分量」を使いました。
    ですが、日本のペンたちはみんな「分量」という言葉を知っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.