プデュ操作一審裁判:アンPD懲役2年、キムCP懲役1年8ヶ月、事務所関係者は罰金刑など

プロデュースシリーズの操作の一審裁判の結果が出ました。

一緒に読むといい前に書いた記事
プデュ操作の新しい事実「アイズワン事前投票でショック」「アンPDよりキムCPの命令から」
カンヘウォン事務所も起訴、プデュ操作はアンジュニョン個人の犯罪だと言えるのか

・アン・ジュンヨンPD:懲役2年, 追徴金 約3,700万ウォン
裁判部 「メインプロデューサーとして被告人の責任が軽くない。大衆不信にも大きな責任がある」




 

・キム・ヨンボムCP(責任者):懲役1年8ヶ月
裁判部 「責任者の総括プロデューサーとして犯行を謀議したことは責任が重い。だが私的な利益を持たなかったことを参酌」

 

・補助PDイ氏 : 罰金刑 1千万ウォン
裁判部 「犯行に加えたが、加えたレベルが軽く、上司の意見を逆らうことは難しかったことを参酌」

 

・アンPDを接待した事務所*の関係者5人:罰金刑 5百万~7百万ウォン
*スターシップ2人、AroundUs、同時ウリム、同時8DCreativeの総5人
裁判部 「公正な競争ではなく不正に利益を得ようとした。だが大体がアン・ジュンヨンに求められた接待し、拒否しにくかったことを考慮」

 

宣告直後にアン氏とキム氏は涙を流したとします。アン氏の方は「考えたより刑が思い。控訴は論議した後に決定する」としたと報道されました。あんたの罪が深いとは思わないの?


Leave a Reply

Your email address will not be published.